HARUTA:IMAGE GIRL

Movie, Website 2022

01_top02_image103_image2_205_image4_2_304_image3_2HARUTA:イメージガール
 
老舗革靴メーカーであるハルタは例年「ハルタイメージガール」と称したキャンペーンを実施してきました。原宿サン・アドは、今年で10周年の節目を迎えるハルタイメージガールの新しい挑戦として、イメージガールのアピールだけでなく、商材であるスクールローファーの購買にもつなげるためのLPを制作しました。
 
「書道」というモチーフを「新しい一歩のための儀式」と読み替え、10代目ハルタイメージガールに就任した上坂樹里さんと、ターゲットである新生活を始める高校生、両者の新たなスタートを讃えるメッセージを策定。巨大な筆で巨大な紙に「ライブ大書」する様子を、ブレやボケを許容するターゲット世代の感覚に沿ったビジュアルで切り取ることで、神聖であると同時にエネルギッシュな世界観が立ち上がっています。
 
また、自分の足に合ったローファーを正しく選ぶための啓発コンテンツを制作。上坂樹里さん自身が選び方を学びながら自分の一足を選ぶムービー「FITTING CHALLENGE」と、質問に答えることで自分の性格に合った一足が選べる「ローファー選び相性診断」は、啓発コンテンツであっても気軽に楽しむことができ、キャンペーンの世界観を維持しながら購買モードへと誘うことを意図しています。
 
そして商品一覧エリアでは、ローファーがまるで行進しているかのようなユーモラスなレイアウトとカーソルをあわせた際のかわいらしいアクションによって、店頭で見る以上に、一足一足への愛着を掻き立てられるような体験を創出しています。
 
Web:http://www.haruta-shoes.co.jp/girl2022/
 
Art Director:Ryosuke Tsuda / Chiho Sawada
Copywriter:Keitaro Tomita
Production Manager:Takeshi Nishiyama
Producer:Takahiko Sakai

▲Page Top

Honda:N-ONE

Branding & Promotion, Graphic, Website 2022

HSA_web_NONE_220108_01HSA_web_NONE_220108_02HSA_web_NONE_220108_03HSA_web_NONE_220108_04本田技研工業:N-ONE
 
Honda 「N-ONE」のフルモデルチェンジのトータルプロモーションを担当。
「丸目のアイコニックなデザインはそのままに、安全性能や居住性を大幅にアップ」された今回のモデルチェンジ。
キャッチフレーズ「変わってないようで、すごく変わりました。」を軸に、カタログの前半では、N360から受け継いだクルマづくりの発想を丁寧に伝えています。
カタログ後半ではイラストをメインに誌面を構成することで、向上した性能を分かりやすく表現、車に詳しくない人でも雑誌ライクにN-ONEの魅力を読み進められる一冊に仕上げました。
Webでは本格的な走りを追求した「RS」タイプを深掘りした紹介ページを制作。
ファン待望の6MTによるクルマ本来の楽しさの魅力を伝えています。
 
Webサイト
https://www.honda.co.jp/N-ONE/
 
Creative Director:Shinya Goto
Art Director:Chiho Sawada
Designer:Nao Saikawa
Copywriter:Koichi Matsuda
Web Director:Tomoko Oguma
Digital Producer:Atsushi Yamaoku,Kenichi Suzuoka
Technical Copywriter:Takuya Nishina
Photo Coordinator:Kazuya Uchinami
Producer:Naruki Endo

▲Page Top

Honda:FIT

Branding & Promotion, Graphic, Movie, Website

HSA_web_FIT_220108_01HSA_web_FIT_220108_02HSA_web_FIT_220108_03HSA_web_FIT_220108_05本田技研工業:フィット
 
Honda「FIT」のモデルチェンジ/20周年特別仕様車/Modulo Xのトータルプロモーションを担当。
「人の心地よさを考えたこれからのコンパクトカー」のコンセプトはそのままに、FIT20周年を記念した特別仕様車、さらにクルマ本来の走りを楽しめるModulo Xの魅力など、それぞれの本質的価値を各媒体の特性を生かしながら企画しました。
カタログでは、20周年特別仕様車やModulo Xのページ追加に伴い全面的に紙面構成を見直し、FITがもたらす心地よさの価値をより引き出しています。
20周年特別仕様車の別冊カタログ・Webでは、本カタログでは伝えきれなかった個性豊かな2つのタイプのエクステリア/インテリアの魅力を紹介しています。
また、スペシャルコンテンツ「よくできFIT20」を制作。
モーションを活用した6つのムービーと動きのあるWebデザインを通して、初代FITから続くFITの「よくできてる」ポイントを分かりやすく体験できる表現に落とし込んでいます。
 
Webサイト
https://www.honda.co.jp/Fit/
 
Creative Director:Shinya Goto
Art Director:Chiho Sawada
Designer:Nao Saikawa
Copywriter:Koichi Matsuda
Web Director:Minoru Ozone,Tomoko Oguma
Production Manager:Kenta Maeda
Movie Producer:Naoya Enomoto
Technical Copywriter:Takuya Nishina
Photo Coordinator:Kazuya Uchinami
Producer:Naruki Endo,Yusuke Nagao

▲Page Top

MIZUNO:Diversity Concept

Graphic, Movie, Website 2022

2020_ouen_kvkyogi_matomekyogi_shugo2020_webミズノ株式会社:ダイバーシティコンセプト
 
2020年のスポーツの祭典に向けて発売された「ダイバーシティコンセプト」シリーズの、Webサイト・動画制作を担当。
アーティスト渋谷忠臣氏書き下ろしのコンセプトモチーフや、コンセプトカラーが反映されたウェア等「ダイバーシティコンセプト」シリーズのビジュアルの撮影企画、各展開物を制作。
登場する競技、選手、タレントなど多岐にまたがる横断企画のため、スローガン・ビジュアル等、統一感を常に意識し、ミズノの顔である各人が一丸となってスポーツに対峙する姿を最大に引き出せるよう表現しました。
 
Webサイト
https://www.mizuno.jp/reachbeyond/2021/
 
Executive Creative Director:Koichi Shibata
Creative Director/Art Director:Chiharu Kondo
Designer:Ryosuke Tsuda, Nao Saikawa
Copywriter:Keitaro Tomita, Koichi Matsuda
Producer:Shiho Konno

▲Page Top