Fukoku Mutual Life Insurance Company:Hataraku Sasae+

Branding & Promotion, Graphic, Movie 2020

fukoku_202008_01_ver2fukoku_202008_02ver2フコク生命:はたらくささえ+
 
就業不能保障特約のリニューアル商品「はたらくささえ+」のネーミング・ロゴなどブランドアイデンティティの開発から、プリント・デジタルでの営業販促ツールとしてパンフレットや商品説明動画の制作まで、ブランディングにおけるクリエイティブを包括的に担当。
イラストレーターに山内庸資さんを起用し、20〜30代のはたらく世代に親しみやすいポップでやさしいトーンを目指しました。
 
はたらくプラスWebサイト
https://www.fukoku-life.co.jp/ad/worksupportplus/
 
Credit
Illustator:Yosuke Yamauchi
Producer:Naoko Masuda

▲Page Top

JTB Global Marketing & Travel

Website 2020

JTB_01JTB_02JTB_03ver2JTB Global Marketing & Travel:コーポレートサイトリニューアル
 
コーポレートサイトとサービスサイト(各英語サイト)のリニューアル。
海外顧客からの新規問い合わせや案件受注増加を目指し、ブランドコンセプト・新スローガン「Partner with the Japan experts. Deliver the ultimate experience.」を企画開発。
CVにつなげやすいUI設計、ジャパンブランドの高品質さを感じるデザイン制作を行いました。
 
Credit
Art Director/Designer:Saori Tominaga
Copywriter:Mitsue Nagakura
Planner:Kenji Tomita
Producer:Masato Ochi
Web Director:Yoshimi Minakuchi

▲Page Top

SOMPO HOLDINGS:Corporate Advertising

Graphic, Movie 2020

SOMPO_CopAD_20200801SOMPOホールディングス:企業広告
 
介護事業が経営の一つの柱となるSOMPOグループ。介護従事者の日々の努力に対する敬意と感謝を表すとともに、SOMPOグループ全体で感染症対策に取り組む姿勢を表現しました。
 
Credit
Creative Director:Ryusuke Yoshimura
Art Director:Yuichiro Yoshino
Copywriter:Ryo Ishii
Director:Kenichi Hiruma
Producer:Naoki Akyiama, Maiko Tanno

▲Page Top

SOMPO JAPAN:Corporate Advertising

Graphic, Movie

SOMPO_HOCKEY_202008_01ver2損保ジャパン:企業広告
 
損保ジャパンが日本ホッケー協会のトップパートナーとして、競技普及や選手強化のために、ホッケー競技や選手の認知を目的とした広告。
Superflyの楽曲「Beautiful」の歌詞をフル活用したインパクトのあるコピーで、迫力、かっこよさ、力強さ、ダイナミックさを表現。
延期となったオリンピック1年後の開催に向けて、期待をさらに高めるキャッチコピーとともに、損保ジャパンが引き続きホッケー競技を応援していくことを表現しました。
 
Credit
Creative Director:Ryusuke Yoshimura
Art Director:Yuichiro Yoshino
Copywriter:Ryo Ishii
Director:Takeshi Tsunehashi
Producer:Naoki Akiyama, Maiko Tanno

▲Page Top

SURUTTO KANSAI:PiTaPa

Branding & Promotion, Graphic, Movie, Website 2020

PiTaPa_202008_01PiTaPa_web_202008_03スルッとKANSAI:PiTaPa
 
関西一円で広く普及する交通ICカード「PiTaPa」の利用拡大を狙ったマス・交通・デジタルの統合キャンペーン。
PiTaPa最大の特徴であるポストペイ(料金後払い=チャージレス)の一般認知が低いことから、「ポストペイってなんだっペイ?」というコンセプトを開発し、人気急上昇中のタレント伊原六花さんのキャッチーなポーズ(グラフィック)とダンス(CM)で、ポストペイの有用性をあらためて訴求しました。
マス→交通→デジタルという導線のコミュニケーション設計の結果、前年までの取り組みに対し、大幅な認知の獲得と入会者増を達成。
関西におけるPiTaPaの存在感をより一層強めることに成功しました。
 
Credit
Exective Creative Director:Koichi Shibata
Creative Director:Yusuke Mochizuki
Digital Producer:Chie Ishikawa, Hiroto Munakata, Nobuhiro Shimizu
Web Designer:Kengo Fujii
Movie Producer:Naoko Masuda, Takahiko Sakai
Production Manager:Kenta Maeda
Producer:Keitetsu Sou

▲Page Top

ZEAL CRUISING

Branding & Promotion, Graphic, Website 2020

ZEAL_2020_01ZEAL_2020_02ジールクルージング:リブランディング&Webサイトフルリニューアル
 
東京を中心にクルージング事業を展開するジールクルージングのリブランディング。
Webサイトのフルリニューアルを中心に、ブランドコンセプトの開発からリーフレット制作までワンストップで担当しました。
 
ビジュアルは臨場感あふれる上質な世界観を表現し、また機能面ではスマホ対応および現在のSEOを考慮した仕様をゼロから構築。
情緒・機能を両立しバランスを重視したサイト設計を実施しました。
さらに新しい予約システム(ChoiceRESERVE)を導入して、予約業務の効率化も実現しました。
 
URL :
https://www.zeal.ne.jp
 
Credit
Executive Creative Director:Kunio Ohi
Creative Director:Rika Sakaino
Art Director:Satoshi Uchiki
Copywriter:Rika Sakaino, Saori Toya
Producer:Masato Ochi, Kenichi Suzuoka

▲Page Top

“みんなのレシピうた” 『ハンバーグロケンロー』

Movie 2020

“みんなのレシピうた”ハンバーグロケンロー
 
Withコロナ時代に、クリエイティブのチカラで世の中を、明るく! 元気に! 楽しくしたい! という想いを込めた原宿サン・アドとジュークが手がけたプロジェクト。
親⼦で作れるハンバーグの作り⽅を、オリジナルソングにのせて紹介する、レシピ動画の新ジャンル“みんなのレシピうた” 『ハンバーグロケンロー』。
 
観て、歌って、作って、美味しい、お家でも家族で楽しめるお料理エンターテインメントとなっています。
 
Art Director / Illustration:Chiharu Kondo
Lyrics:Satoshi
Composed:Satoshi, Ryo Sugihara
Arranged:Ryo Sugihara
Planner:Yasushi Kinoshita
Creative Producer:Naoki Akiyama
Producer:Maiko Tanno

▲Page Top

COSMO

Branding & Promotion 2020

COSMO_20_01COSMO:コスモ My カーリース ブランディング
 
COSMOが提供するカーリースサービスのリブランディング。
ブランド名称の企画開発からロゴのデザイン、「コスモ My カーリース STORE」店舗外観デザインやサービスアイコンのデザイン、スタッフユニフォームのデザイン開発を行いました。
 
Credit
Creative Director/Art Director:Shinya Goto
Designer:Ryosuke Tsuda
Copywriter:Yoshihiro Higashi
Producer:Masato Ochi
Director:Kazuo Shiobara

▲Page Top

JOYFIT : JOY for FITNESS

Branding & Promotion, Movie, Website 2020

JFFP_works_02JFFP_works_03JOYFIT : JOY for FITNESS
 
フィットネスジムJOYFITとラップユニットchelmico との異色コラボプロモーション「JOY for FITNESS」を実施。
“ジムにJOYを取り戻そう”をテーマにコラボソング&MV「Limit」を制作し、ストイックでハードルが高いと思われがちなジムへのハードルを下げ、楽しいイメージへ一新しました。
謎のダンサー集団によるキレキレのダンスをはじめ、シュールな世界観にもご注目ください。
 
Credit
Creative Director:Rika Sakaino
Art Director:Chiharu Kondo
Designer:Yuka Tanaka
Planner :Megumi Matsui
Copy Writer:Keitaro Tomita
Web Director : Koji Hanafusa
Web Producer : Yuto Terado
Movie Producer:Naoki Akiyama
Production Manager: Satoshi Ishikawa, Miyako Taniguchi
Total Producer:Maiko Tanno

▲Page Top

Honda : FIT

Branding & Promotion, Graphic, Movie, Website 2020

HONDA_FIT_20406_01-minHONDA_FIT_20406_02-minHONDA_FIT_20406_03-minHONDA_FIT_20406_04-min本田技研工業:FIT
 
Honda「フィット」のフルモデルチェンジによるトータルプロモーションを担当。
「人の心地よさを考えたこれからのコンパクトカー」をコンセプトに「4つの心地よさ」と「5つのタイプバリエーション」という訴求ポイントをプロダクトの本質的な価値が伝わるよう、各媒体の特性を生かしながら企画しました。
カタログでは、「4つの心地よさ」がもたらす人とクルマとの新しい関係や、ライフスタイルに合わせたバリエーションの魅力を訴求。
ムービーでは、「4つの心地よさ」をよりイメージできる動画やタイプ別の魅力を伝える動画を制作しました。
また、WEBサイトでは実車のない発売前から原寸大の車体をよりリアルに体感できるようAR技術を駆使したモバイルコンテンツを提供しました。
 
Credit
Creative Director:Shinya Goto
Art Director:Chiho Sawada
Designer:Nao Saikawa
Copywriter:Osamu Tsuruta, Koichi Matsuda Producer:Yusuke Nagao
Assistant Producer : Naruki Endo, Satoshi Kagiono
Web Director : Minoru Ozone, Tomoko Oguma, Koji Hanafusa
Movie Producer : Naoya Enomoto
Movie Production Manager : Kenta Maeda

▲Page Top

GLIDiC

Graphic, Movie, Website

GLIDiC_TOPweb_GLIDiC_top-minGLIDiC
 
GLIDiDシリーズ初のスポーツワイヤレス発売に伴い、GLIDiCのブランドイメージを構築。
シティーランナーや日常的にスポーツ、音楽を楽しむモバイルユーザーをターゲットに認知度アップを目指し、GLIDiCを通じて、ランナーが都市とつながる様を光で表現しました。
 
Credit
Producer:Maiko Tanno, Naoki Akiyama
Production Manager:Miyako Taniguchi, Satoshi Ishikawa

▲Page Top

EYEFUL HOME : TVCM MY WAY, MY HOME.

Graphic, Movie

eyeful_HP_02アイフルホーム TVCM MY WAY, MY HOME.篇
 
アイフルホームのリブランディングの一環としてTVCMシリーズを制作しました。
特別なこだわりのある人とその舞台である家を「MY WAY, MY HOME.」というキャッチコピーにのせて描いています。
 
Credit
Creative Director:Masato Yamamoto, Toshihiro Umezawa(ナカハタ)
Art Director:Kosuke Yajima
Copywriter:Saori Toya, Keitaro Tomita
Producer:Takahiko Sakai, Naoko Masuda

▲Page Top

SHIMIZU CORPORATION:CORPORATE ADVERTISING

Graphic, Movie, Website 2020

TCC_Michi_P_2-minMP_WEB_01_flame_5-min清水建設:企業広告
 
清水建設×カメラガールズのコラボ企画”〇〇パシャ“の新シリーズ「みちパシャ」
今回は建設中の新東名高速道路の現場をカメラガールズに撮影してもらうイベントを開催。
 
IT化が進む最新の土木工事現場をカメラガールズに体験してもらい、土木の重要性と最新技術を代弁してもらうことで幅広いターゲットに対して理解促進させることを狙いました。
 
高速道路が完成することでアクセスが良くなる観光地にも訪れ、工事現場とともに紹介。
 
カメラガールズ参加メンバーや観光地のSNSを通した認知拡大も図りました。
 
Credit
Creative Director:Osamu Tsuruta
Art Director:Shinya Sakai
Copywriter:Osamu Tsuruta
Producer:Ryo Koike
Asistant Producer:Satoshi Kagiono
Movie Producer:Kazuki Kobayashi
Movie Director:Dan Nishi
Movie Production Manager:Kenta Maeda, Rika Nishikawa

▲Page Top

SHIMIZU CORPORATION:CORPORATE ADVERTISING

Graphic, Movie, Website

SHIMIZ_YAMBA_DAM_NIKKEI1_lawweb_YAMBA_top1-min清水建設:企業広告
 
清水建設×カメラガールズのコラボ企画「ダムパシャ」の続編。
堤体のコンクリート打設が完成したダムを再びカメラガールズに撮影してもらうイベントを開催。
カメラガールズ目線で土木の重要性を訴求し、幅広いターゲットに対して理解促進させることを狙いました。
撮影にはドローンも使用し、ダイナミズムを表現。
また、ダムができることで活性化が期待できる周辺観光も取り上げ、一般ターゲットにも興味を持ってもらえる内容を目指しました。
 
Credit
Creative Director:Osamu Tsuruta
Art Director:Yusuke Iida
Copywriter:Osamu Tsuruta
Producer:Ryo Koike
Assistant Producer:Satoshi Kagiono
Movie Producer:Kazuki Kobayashi
Movie Director:Dan Nishi
Movie Production Manager:Kenta Maeda

▲Page Top

Green Ribbon Campaign 2018

Branding & Promotion, Graphic, Movie, Website 2020

HP_GR2018_1-minHP_GR2018_2HP_GR2018_3-minHP_GR2018_4グリーンリボンキャンペーン 2018
 
グリーンリボンキャンペーンは、移植医療への理解と臓器提供の意思表示を推進する普及啓発活動です。
「ひとりひとりがジブンゴトとして考えるキッカケを創出して、意思表示のアクションに繋げていく。」ことを目的に展開しています。
2018年度は、キャンペーンに賛同するさまざまなクリエイターとコラボして、チャリティーウォッチを制作・販売。
売上の一部を日本臓器移植ネットワークに寄付しました。
各クリエイターからの情報発信とSNS広告を組み合わせて、効率的にキャンペーンの認知拡大に繋げました。
 
10月16日のグリーンリボンデーには、全国のランドマークをグリーンにライトアップする<全国Green Light-Up Project>を実施。
「患者さんに希望の光を届けよう!」を合い言葉に、今年は50カ所がグリーンに輝き、様々なメディアで取り上げられました。
また、SNS上でフォトコンテストも開催することで、キャンペーンの拡散に繋げました。
 
Credit
Creative Director : Koichi Shibata
Art Director : Shiho Torii
Copywriter : Osamu Tsuruta
Designer : Kosuke Yajima
Producer : Shiho Konno, Yasushi Kinoshita

▲Page Top

NIPPON TOCHI-TATEMONO CO.,LTD.

Branding & Promotion, Graphic, Movie 2020

BAUS_02-min日本土地建物:分譲住宅BAUS/ブランド認知向上キャンペーン
 
分譲住宅ブランド、BAUS(バウス)の認知向上を目的とした動画を制作。
トレインチャンネルへの出稿がメインであることから、音声がなくてもブランド名=BAUSを印象的に残すコミュニケーションに特化。
ロゴのデザインが、住戸の間取りをモチーフとしていることから、ロゴのアルファベット1文字1文字の空間を間取りに見立て、様々な家族の暮らしを見せながら、最後にBAUSロゴを形作る企画としました。
企画をスムーズかつ効果的に表現するために、CG部分においては国内では活用事例の少ない手法である4Dview撮影を採用しています。
 
Credit
Creative Director:Noriaki Takahashi
Art Director:Chiharu Kondo
Designer:Chiharu Kondo, Keiko Yumine
Copywriter:Noriaki Takahashi
Planner:Noriaki Takahashi
Producer:Shuichiro Fukushima(Movie), Masato Ochi(Poster)

▲Page Top

JR East Retail Net:HANAGATAYA

Branding & Promotion, Graphic, Movie, Website 2020

HP_HANAGATAYA_1-minHP_HANAGATAYA_2-minHP_HANAGATAYA_3-minHP_HANAGATAYA_4-minJR東日本リテールネット/エキナカ ショップ 『HANAGATAYA』 GRAND OPEN
 
JR東日本リテールネット/エキナカ ショップ『HANAGATAYA』のグランドオープンキャンペーン。
老舗から話題の新ブランドまでを取り扱う、<お土産・お弁当>の特別なセレクトショップ『HANAGATAYA』。
ちょっと上質なイメージを醸成するために、和の雰囲気を活かしながら、シンプルかつグラフィカルなデザインで統一。
お客さまを“おもてなし”する雰囲気を演出しました。
HP、リーフレット、ムービー、ノベルティなどを展開しました。
 
Credit
Creative Director:Koichi Shibata
Art Director:Chie Ichikawa
Producer:Hisae Suzuki

▲Page Top