Honda:N-BOX SLASH

Branding & Promotion, Graphic, Movie 2014
N-BOX SLASHHONDA:N-BOX SLASHHONDA:N-BOX SLASHHONDA:N-BOX SLASHHONDA:N-BOX SLASHHONDA:N-BOX SLASHHONDA:N-BOX SLASH

「本田技研工業:N-BOX SLASH」

 

「N」シリーズの第5弾となる新型軽乗用車「N-BOX SLASH」のローンチプロモーション。

ディテールにこだわったデザイン、オーディオシステムなど居心地の良いプライベート空間、カラースタイルの豊富な選択肢など、「N」シリーズの中でも際立つ個性が特徴。カタログやweb映像で個性的な魅力を世界観とともに表現しました。
スペシャルwebサイトやFacebook、Instagramでもプロモーションを展開。ライフスタイル興味軸からの認知・共感の獲得と、情報の拡散を目指しました。

 

Credit
Creative Director:Koichi Shibata
Art Director:Shinya Goto
Designer:Kousuke Yajima, Mio Kimura
Copywriter:Yoshihiro Higashi, Natsuki Ohnishi
Web Director:Minoru Ozone, Toshio Hagihara
Producer:Masato Ochi
Movie Producer:Kazuki Kobayashi

▲Page Top

Nestle:KIT MAIL

Graphic 2014
kitkat_01

「ネスレ日本:キットメール パッケージデザイン&プロモーションツール」

 

2009年から続く、日本郵便とネスレの共同企画商品「キットメール」の2015年版を制作。

 

合格祈願をイメージさせるように、満開の桜がデザインされたパッケージデザインに加え、おまけとして、お守りがデザインされた赤色、黄色、緑色、桜色、青色の全5種類 から成る「“キット、願いかなう”しおり」を同梱されるツールとして開発しました。

 

Credit
Designer:Mitsuko Jo
Producer:Tokunori Sugimoto

▲Page Top

CHUBU NIHON PLASTICS : ECO NET PROJECT

Branding & Promotion

中部日本プラスチック:エコネット・プロジェクト中部日本プラスチック:エコネット・プロジェクト中部日本プラスチック:エコネット・プロジェクト中部日本プラスチック:エコネット・プロジェクト「中部日本プラスチック:エコネット・プロジェクト」

 

「ゴミの分別やリサイクルを楽しくする」。その意義を伝えるため、プラスチックリサイクル事業をおこなう中部日本プラスチックのCSRの一環として、エコネット・プロジェクトを立ち上げました。

イラストレーターや絵本作家である100%ORANGEさんと一緒に、アートゴミ袋とエコ育絵本を企画・制作。全国で清掃活動をするボランティア団体green birdのイベントに参加し、アートゴミ袋と絵本を配布いたしました。今後も幅広くツールを展開し、エコネット・プロジェクトの活動を実施してまいります。

 

Credit
Art Director:Daichi Suzuki
Designer:Maiko Higuchi
Copywriter:Natsuki Ohnishi
Planner:Natsuki Ohnishi
Producer:Hiromasa Kondo

▲Page Top

MIZUNO:WAVE UNITUS DC

Branding & Promotion, Graphic, Website 2014

ミズノランニング/ウエーブユナイタス DCミズノランニング/ウエーブライダー18ミズノランニング/ウエーブユナイタス DC「ミズノ:ウエーブユナイタス DC」

 

足にやさしい初心者向けランニングシューズ「ウエーブユナイタス DC」の発売に際し、
ミズノランニングのイメージキャラクター 柴咲コウさんを起用したTVCM&グラフィック広告を制作。
TVCMでは柴咲コウさんのボーカロイド“ギャラ子”が歌う「Happy Brand New Days」をバックに、
ランニングを通じて“なりたい自分”に向かう等身大の女性の姿を、さわやかな世界観で表現しています。

 

Credit
Creative Director:Keiichiro Yanagi, Yoshihiro Higashi
Art Director:Keiichiro Yanagi
Copywriter:Yoshihiro Higashi, Atsuko Kimura
Planner:Miho Nishikawa
Producer:Yukino Umezawa, Yusuke Nagao
Movie Producer:Takahiko Sakai

▲Page Top

SHINJYUKU NAKAMURAYA:RENEWAL CAMPAIGN

Graphic 2014

新宿中村屋:リニューアルキャンペーンnakamuraya「新宿中村屋:リニューアルキャンペーン」

 

新宿中村屋 新宿本店、リニューアルキャンペーンのグラフィックシリーズ。
「新宿中村屋へ、寄ってかえろう。」をキャッチフレーズに駅貼りポスター、おみやげのお菓子のスペシャルパッケージ/紙袋などを手がけました。

 

Credit
Creative Director:Yosihiro Higasi
Art Director:Junichi Kanbara
Designer:Kei Kobayashi
Copywriter:Yosihiro Higasi
Producer:Yasukuni Oka

▲Page Top

KEIO : Kirarina Keio Kichijoji 2014

Branding & Promotion 2014

Kirarina2014_1216_001Kirarina2014_1216_002Kirarina2014_1216_003Kirarina2014_1216_004Kirarina2014_1216_005Kirarina2014_1216_006Kirarina2014_1216_007京王電鉄:キラリナ京王吉祥寺 / 2014
 
吉祥寺の駅ビル「キラリナ京王吉祥寺」の初年度の年間キャンペーン。
吉祥寺の街を愛する人たちから、受け入れられることを目指し、
「♥K. (=Kirei, Kawaii, Kokochiii, Kichijoji, Kirarina)」というコンセプトを策定。
吉祥寺の街を舞台にファッションシューティングして、フォトストーリー的な表現で制作しました。
各シーズンごとにポスターやムック、ムービーなどで展開。
吉祥寺らしいスタイルを提案するファッションビルとして、イメージの醸成を狙いました。
 
Credit
Creative Director:Koichi Shibata
Art Director:Keiichiro Yanagi[SUMMER-AUTUMN], Kei Kobayashi[WINTER]
Designer:Kei Kobayashi, Katsuyoshi Koiso
Copywriter:Yuji Kuge
Producer:Hisae Suzuki

▲Page Top

GREEN RIBBON CAMPAIGN 2014

Branding & Promotion, Event, Movie, Website 2014
GR_01RGR_02RGR_03RGR_04RGR_web「アステラス製薬:グリーンリボンキャンペーン」

 

グリーンリボンキャンペーンは、移植医療への正しい理解と臓器提供の意思表示を推進する普及啓発活動です。

この難しいテーマをひとりひとりが“ジブンゴト”として捉えてもらうために、移植医療について考えるキッカケを創出することを目指して、コミュニケーションを構築。
「誰かのために、できること。みんなで意思表示の輪を広げよう。」を合い言葉に、<東京タワーライトアップ><音楽LIVE><ハロウィーン><グリーンリボンツリー>などを実施しました。

 

Creative Director : Koichi Shibata
Planner : Naoko Kawakami
Art Director : Shiho Torii
Copywriter : Atsuko Kimura
Designer : Kosuke Yajima
Producer : Yasushi Kinoshita

▲Page Top

MIZUNO:WAVE RIDER 18

Branding & Promotion, Graphic, Movie 2014

ミズノランニング/ウエーブライダー18「ミズノ:ウエーブライダー 18」

 

MIZUNO RUNNINGの人気定番モデル「WAVE RIDER 18」のTVCM&グラフィック広告。
「日本のRUNを革命する」をキーワードに「圧倒的な軽さながら、足にやさしい」という特徴を、印象的なアングルや動きで表現しました。
前年にひきつづき、販促キャンペーン「1000万人への挑戦状」キャンペーンも展開しました。

 

Credit
Creative Director:Keiichiro Yanagi, Yoshihiro Higashi
Art Director:Keiichiro Yanagi
Copywriter:Yoshihiro Higashi, Atsuko Kimura
Planner:Miho Nishikawa
Producer:Yukino Umezawa, Yusuke Nagao
Movie Producer:Naoya Enomoto

▲Page Top

CREATORS TOKYO

Graphic 2014
creatorstokyo_01creatorstokyo_02creatorstokyo_03「繊維ファッション産学協議会:CREATORS TOKYO」

 

繊維ファッション産学協議会、東京ファッション・ビジネス活性化実行委員会が、主催するファッションデザイナーの団体「CREATORS TOKYO」のロゴマーク開発。
ビジネス支援を受け、世界で活躍するファッションデザイナーを育成・支援する活動内容から、CとTの頭文字を記号化し、Cはビジネス支援を受けるという意で半分の状態を象徴、Tは世界に羽ばたくイメージをミニマルに表現。
また、書体はオリジナルのタイプフェイスを使用しています。

 

Credit
Creative Director:Keiichiro Yanagi
Art Director:Keiichiro Yanagi
Designer:Keiichiro Yanagi
Producer:Yusuke Nagao

▲Page Top

H.

Graphic
h_01h_02「原宿サン・アド プロデュース日本酒 H.」

 

原宿サン・アドがオリジナルでプロデュースをした贈答用の日本酒。
Harajukuの頭文字「H」を日本酒のネーミングとし、既存の日本酒の概念から解き放たれたロゴマーク、パッケージデザインを目指しました。
柔らかな口当たりと、ふくよかな米の旨味を、「H」からしたたる「.」しずくであじわい深く表現。
GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2015、パッケージ部門 CI・シンボル・ロゴ部門入選。

 

Credit
Art Director: Keiichiro Yanagi
Designer:Keiichiro Yanagi
Producer:Hisae Suzuki

▲Page Top

KEIO : Kirarina ♥K SALE!

Graphic, Movie 2014

kirarina_sale_01kirarina_sale_02kirarina_sale_03kirarina_sale_04kirarina_sale_05「京王電鉄:キラリナ京王吉祥寺 / Kirarina ♥K SALE!」

 

キラリナ京王吉祥寺、夏のSALEキャンペーン。施設のコンセプトである♥K (=Kirei, Kawaii, Kokochiii, Kichijoji, Kirarina)をストレートに、Kirarina ♥K SALE! と名付け、♥Kのタイプフェイスで様々な装飾を施し、SALEの期待感を醸成しています。

 

Credit
Creative Director:Koichi Shibata
Art Director:Keiichiro Yanagi
Designer:Kei Kobayashi, Katsuyoshi Koiso
Copywriter:Yuji Kuge
Producer:Hisae Suzuki

▲Page Top

Tokyo College Festival 2014

Event, Website
tcf_01_1410 tcf_02_1410 tcf_04_1410tcf_05_1410チラシ_A3_横_表面_0822「東京カレッジフェスティバル 2014」

 

高校生の進路はますます多様化している。でも一方で、大学生の中退率は年々上がっている。
そして、進路選びは不安でつらいもの、そんな考えを持つ高校生は多い。
原宿サン・アドは、このようなソーシャルな課題にクリエイティブの力をもって解決するべく、
9月7日、渋谷ヒカリエホールで東京カレッジフェスティバルを開催しました。

 

■課題設定
大学は受験生のニーズが捉えられず、受験生と大学のミスマッチが起こっている。

 

■原因
多くの高校生は将来なりたい自分を思い描く機会やキッカケが少なく、自分に合った進路を見つけることができない。

 

■解決策
高校生が将来なりたい自分を思い描き、楽しい進路選びのきっかけとなる、
“東京カレッジフェスティバル”の開催。
約50の大学をはじめ、企業や学生団体、NPO法人が進路相談ブースを出展したほか、
著名人による講演や模擬授業、ワークショップを実施。

 

■結果(アンケート回答)
「T.C.F.にきて、新しい発見はありましたか?」という設問に対する回答の一部を紹介いたします。

 

【高校生】
・たくさんの学部を見て、いろんな価値観が見えてきた。いろんな大学を見て、知ることによって、大学という場所でも学びたいと思った。
・色んな大学の特色を知ることができました。入試の制度も知れてよかったです。
・色んな大学があり興味をもてた。
・新しい大学を知れたことです。自分のやりたいことに合っていたので、本当に知れてよかったです。
・何をやっているのかわからなかった学部が、実はとてもおもしろそうでよかったです
・進学してみたいと思う大学の数が増えた
・新しい大学への受験を考えるようになった
・パンフレットしかもらったことのなかった大学さんが来ていて、実際に話を聞いたらイメージが変わった! 受験してみたいと思った。来年私は参加することができないけど、このイベントが長く続いてくれたら嬉しいです。

 

【保護者】
・娘と一緒に薬学系の学校のブースをまわらせて頂きました。担当の方々が熱心にお話いただきとても参考になりました。娘の夢のために応援する気持ちでいっぱいになれました。
・たくさんの大学の広報の方の話がきけて、それぞれの雰囲気もわかって良かったです。キャンパスが遠く、いっぺんにいくつもオープンキャンパスに行けないので、こういうイベントは本当に良かったです。

 

Credit
Chairman of the Executive Committee:Masato Ippitsu
Executive Committee:Masakazu Matsubara, Asei Shimamura, Minoru Aoishi, Sayaka Ide
Sales representative:Masayuki Ueda, Mai Arakawa
Web Director:Ko Suzuki, Masaki Saitou
Copywriter:Atsuko Kimura
Designer:Mio Kimura

▲Page Top

Teikyo University:Teikyo Girls Fes 2014

Branding & Promotion, Event, Graphic, Website 2014

tgf2014_01tgf2014_03tgf2014_04s帝京ガールズフェス「帝京大学:帝京ガールズフェス2014」
 

帝京大学の現役女子大生&OGによる「女子による女子のための応援企画・ガールズフェス」。
「女子高生と現役女子大生&OGのコミュニケーションする機会を創出すること」をコンセプトに、
トークイベントやカフェ、コミュニケーションブースを設置しました。

 

ビジュアルコンセプトは「一人ひとりの、『自分流』を見つけ、国際社会に羽ばたく女子の力をつける」。
自分のなすべきこと、興味あることを見つけだし、
生まれ持った個性を最大限に活かすための知識や技術を習得して行動する姿を
まるで蝶が羽ばたくような帝京女子で表現しました。

 

さらには、女性としてのしなやかさを育む知的な印象を狙い、
「実学」「国際性」「開放性」を意識したタイプフェイスデザインを配することで
洗練と華やかさを演出しています。

 

会場はバルーンを多数使用して「不思議な空間」を創り出し、
女子高校生がその場にいることを楽しめるような仕掛けを施しました。

 

Credit
Creative Director:Masato Ippitsu
Art Director:Keiichiro Yanagi
Designer:Haruka Hashimoto, Maiko Higuchi
Web Director:Toshio Hagihara
Planner:Masato Ippitsu, Miho Nishikawa
Producer:Minoru Aoishi

▲Page Top

MIZUNO:WAVE EKIDEN 9

Graphic
mizuno_ekiden_1409

「ミズノ株式会社:WAVE EKIDEN 9」

 

駅伝レース専用のWAVE EKIDEN9。
ミズノ独自の機能を立たせながら、新しいカラーリングで既存の駅伝シューズから洗練されたイメージを醸成しています。

 

Credit
Designer:Katsuyoshi Koiso
Copywriter:Ryosuke Kurahashi
Producer:Yukino Umezawa

▲Page Top

THE MAINICHI NEWSPAPERS : Readers set

Movie

「毎日新聞 愛読者セット TVCM」

 

毎日新聞の新デジタルサービス「愛読者セット」の告知CM。
家族それぞれが、思い思いの端末、紙面などを手に持ち、家族の影から、次の家族があらわれる。
ギミックを用い印象的に登場させる事で
それぞれのスタイルに合わせた端末で毎日新聞が読めるという事を訴求しています。

 

Credit
Producer:Takahiko Sakai
Production Manager : Naoya Enomoto

▲Page Top

OCAZU CAKE COVEN

Branding & Promotion, Graphic 2014

coven_01_1409coven_02_1409coven_03_1409coven_04_2_1409coven_05_1409「OCAZU CAKE COVEN(カヴァン) / VI・各種プロモーションツール・店舗デザイン協力」

 

駒沢にオープンしたおかずケーキの店、カヴァンのブランディングを担当しました。
パンでもお惣菜でもスイーツでもないユニークなケーキの魅力を
表現しています。印象的なキューブのロゴデザインとカラフルなイラストで、
お散歩の途中にふらりと立ち寄れるような、親しみやすい印象を与えました。
カヴァンとは、魔女集会という意味。フードコーディネーターが集って、
おいしい魔法で食卓を彩ります。

 

Credit
Creative Director:Kunio Ohi
Art Director:Chie Ichikawa
Designer:Haruka Hashimoto
Copywriter:Kunio Ohi
Illustrator:Haruka Hashimoto
Producer:Mifuu Kibe

▲Page Top

NTT FACILITIES : Companies CM

Movie 2014

「NTTファシリティーズ 企業TVCM『父へのメール』篇」

 

NTTファシリティーズの新米女性社員が日々の仕事の様子を
父にメールで伝えるというストーリーを通して、事業内容を伝えています。
女性社員役を演じてくださった高畑充希さんが、
父への思いを透明感のある演技で表現してくれました。

 

Credit
Producer:Takahiko Sakai
Prodaction Manager :Naoya Enomoto

 

「NTTファシリティーズ 企業TVCM『発電』篇/『節電』篇」

 

NTTファシリティーズの企業CM。
NTTファシリティーズの施設と、施設で働く社員を通して
事業内容と取り組みを伝えています。
出演されている方は、すべて実際の社員の方になります。

 

Credit
Producer:Takahiko Sakai/Kazuki Kobayashi

▲Page Top

KONISHI:SAIHO JYOZU

Movie

「コニシ:裁ほう上手」

 

通園バッグ・すそ上げなど、布製品を簡単に接着できる「裁ほう上手」のTVCM。「ミシンと対決」という設定で、商品の機能性をわかりやすく表現しました。表情豊かな、お嫁さんとお姑さんの様子にもご注目ください。

 

Credit
Creative Director:Yosihiro Higasi
Planner: Kenichi Hiruma, Osamu Tsuruta, Natsuki Ohnishi
Producer:Masayuki Ueda, Naoya Enomoto, Tomoko Ohtake

▲Page Top

Honda : HONDA MARINE 50th Thank you

Graphic, Movie 2014
Honda_marine_JPN_01RHonda_marine_UK_02RHonda_marine_Heritage_03R「本田技研工業:船外機50周年記念」

 

50周年を迎えたHonda船外機事業のワールドワイドのプロモーション。
Hondaを長い間支持し続けてくれたロイヤルユーザーに、Honda船外機の優位性を語ってもらうことで、
プレミアムブランドとして明確なポジションの確立を目指しました。

 

Credit
Creative Director:kunio Ohi
Art Director:Junichi Kanbara
Designer:Yusuke Iida
Copywriter:Kunio Ohi, Natuki Ohnishi
Planner:Kunio Ohi
Producer:Hiroshi Nakatsuka,Yusuke Nagao
Movie Director:Kunio Ohi, Tokunori Sugimoto

▲Page Top

Kanbai shuzo : hi no shizuku

Graphic 2014
hinoshizuku_01hinoshizuku_02「寒梅酒造:陽のしずく」

 

寒梅酒造が新しく展開する、日本酒とご当地の果物を掛け合わせた商品における、ブランド名、ロゴ、パッケージデザインを手がけました。第一弾は馬路村産ゆずを使用した「ゆず酒」。日本酒をベースした、コクと果物の香りが溶け合った、味わいを表現したブランドに仕立てています。

 

Credit
Creative Director:Keiichiro Yanagi
Art Director:Keiichiro Yanagi
Designer:Keiichiro Yanagi
Copywriter:Yuji Kuge
Producer:Hisae Suzuki

▲Page Top

Kokugakuin University : Branding

Graphic
kokugakuin_01kokugakuin_02kokugakuin_03「國學院大學 ブランド広告」

 

國學院大學のブランド価値を広く、社会に発信していく広告シリーズ。単に日本を学ぶだけでない、真の日本人になる大學であることを繊細なトーンと所作で表現しました。國學院大學でしかできない、表現がその繊細なビジュアルの中にあります。

 

Credit
Creative Director:Yasukuni oka
Planner: Yasukuni oka
Producer:Yasukuni oka

▲Page Top

MIZUNO : K.HONDA~ROAD TO GOLD~

Branding & Promotion, Event, Graphic 2014
M_RTG_01M_RTG_02M_RTG_03M_RTG_03_02M_RTG_04M_RTG_05M_RTG_06M_RTG_07「ミズノ株式会社:K.HONDA~ROAD TO GOLD~」

 

本田圭佑選手とミズノの「絆」をコンセプトに、W杯開催時期にあわせた、MIZUNO FOOTBALLのブランドプロモーションを実施しました。サッカーに興味がない人を含めた多くの人への認知獲得をめざし、渋谷・スペイン坂に、本田選手着用モデルの全長3mの巨大なスパイクを展示。SNSでの拡散はもちろん、TV、新聞等のメディアでも多く取り上げられました。

 

Credit
Creative Director:Keiichiro Yanagi
Art Director:Keiichiro Yanagi
Designer:Katsuyoshi Koiso
Copywriter:Yoshihiro Higashi
Planner:Miho Nishikawa
Producer:Yukino Umezawa

▲Page Top

KEIO : Kirarina Keio Kichijoji

Branding & Promotion, Graphic, Movie 2014
kirarina_go_01kirarina_go_02kirarina_go_03kirarina_go_04kirarina_go_05kirarina_go_06kirarina_go_07kirarina_go_08kirarina_go_09kirarina_go_10kirarina_go_11kirarina_go_16kirarina_go_18「京王電鉄:キラリナ京王吉祥寺 / グランドオープンキャンペーン」

 

吉祥寺の駅ビル「キラリナ京王吉祥寺」のグランドオープンキャンペーン。
吉祥寺の街を愛する人たちから、受け入れられることを目指し、
「♥K. (=Kirei, Kawaii, Kokochiii, Kichijoji, Kirarina)」というコンセプトを策定。
ファッションビルとしてのイメージを醸成するために、キャンペーンビジュアルは、英国で活躍するファッションデザイナー ELEY KISHIMOTOのテキスタイルデザインを起用。質感にこだわり、実際の布をスキャンして制作しました。
テキスタイルデザインの柄を全面的に利用したティザー期のポスターから、オープン期には、ハッピーな表情の女性が現れる展開で、登場感を表現しています。
京王吉祥寺駅エントランス空間や電車内、トレインチャンネル、デジタルサイネージなどで、グランドオープンを華やかに演出しました。

 

Credit
Creative Director:Koichi Shibata
Art Director:Keiichiro Yanagi
Designer:Kei Kobayashi
Copywriter:Yuji Kuge
Producer:Hisae Suzuki

▲Page Top

TOKYO NEW DESIGNER FASHION GRAND PRIX 2014

Graphic 2014
tndfgp_2014_01tndfgp_2014_02tndfgp_2014_03tndfgp_2014_04「Tokyo新人デザイナーファッション大賞 2014」

 

1984年に設立された、世界最大級のファッションアワードの告知ポスター。
新たなファッションデザインを想起させるべく、人体のシルエットをベールで包み込んだアート写真を撮影し、グラフィックポスターとして展開しました。
ニューヨーク「The One Show」デザイン部門メリット賞受賞。

 

Credit

Creative Director:Keiichiro Yanagi
Art Director:Keiichiro Yanagi
Designer:Katsuyoshi Koiso
Copywriter:Ryosuke Kurahashi
Producer:Yusuke Nagao

▲Page Top

Honda : Honda Dog「PLEASY’S WAYWARD DRIVE」

Branding & Promotion, Graphic, Movie, Website 2014
h_dog_01h_dog_02「本田技研工業:Honda Dog『プレジーのわがままドライブ』」

 

「わんこと一緒に楽しいおでかけを」をコンセプトに運営している「Honda Dog」。
熱心なファンがいるものの、ユーザーが固定化しつつある状況のため、新規ファン獲得を目的としたコンテンツ「プレジーのわがままドライブ」を企画しました。
 
「ワンちゃんの好きなことは、なんでも叶えてあげたい。」という愛犬家のインサイトから、「ご主人様=ワンちゃん」「飼い主=しもべ」というユニークな設定で、愛犬家の気持ちをくすぐるオリジナルショートムービーをYouTubeで展開。
また、人気ブランドやタレント犬とのタイアップ、プレゼントキャンペーンなど、プロモーションを絡めた展開で愛犬家の興味を惹いています。

 

Credit
Creative Director:Koichi Shibata
Planner:Yuji Kuge
Designer:Kei Kobayashi
Illustration:Kei Kobayashi
Copywriter:Yuji Kuge
Producer:Hisae Suzuki
Web Director:Hideki Hayashi

▲Page Top

Keimei Gakuen : Logo Design

Branding & Promotion 2014
啓明学園:コミュニケーションロゴ

「啓明学園:コミュニケーションロゴ」

 

啓明学園のコミュニケーションロゴ制作を担当しました。
 
「広大な敷地、ゆたかな自然、歴史に基づく深い教え。
 いつもそこにあるグローバル。
 啓明学園という確固たる場所から、
 生徒たちが世界へ、未来へと飛び立っていく。」
 
そんな姿を、誇り高く立つ緑のラインと、
大空へ向かう青のラインで表現しています。
 
その先にあるのは、一人ひとりが望む未来。
啓明学園は、世界を心に入れた人を育てます。

 

Credit
Creative Director : Masato Ippitsu
Art Director : Shiho Torii
Designer : Haruka Hashimoto
Copywriter : Atsuko Kimura
Producer : Masayuki Ueda, Minoru Aoishi
Web Director : Sayaka Ide

▲Page Top

ZERIA:New with One

Movie 2014

「ゼリア新薬工業:新ウィズワン バレエスタジオ篇」

 

「どっさり出した、スッキリお腹」の持ち主としてバレリーナをアイコン化。
彼女たちを「ドッサリーナ」と呼び、静ひつな空間で真剣にヘンテコな踊りを踊ってもらいました。
振付けはイデビアン・クルーの斉藤美音子さん。清々しい使用感を伝えながらも、インパクトを損なわないような振付にすることで、商品の認知を計りました。

 

Credit
Producer:Hisashi Ishiwatari
Production Manager:Junko Nakajima